<   2018年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

宮崎のしめ縄とわら細工です

3月9日から沼津店で開催の「日本の手仕事
〜暮らしのうつわ、暮らしの道具〜」
でご紹介いたします、宮崎のわら細工です。
f0214512_17281175.jpg
神話の里高千穂のほど近く、宮崎県日之影町で、農家として米作りをしながら〆縄を代々作り続けている甲斐さん達の仕事です。
1月に大雪の中訪れた宮崎では、突然の訪問にも関わらず快く応じてくださった甲斐さん。本当に人柄が良く、ご自分たちの仕事のことや、米作り、わら作り、地元高千穂への愛着、いろいろとお話しして下さいました。
そしてお忙しいなか、今回の展示会のために作品製作を間に合わせていただきました。

f0214512_07223585.jpeg

f0214512_07235297.jpeg
力強いしめ縄、結び方ごとに意味があり、展示会では甲斐さんたちのいろいろな仕事をご紹介いたします。
f0214512_17391269.jpg





by hanamorikagu | 2018-02-27 17:23

藍木野さん「久留米絣のよそおい」 in 目黒店

2月22日より、藍木野さんの「久留米絣のよそおい展」を工芸花森目黒店にて初開催いたします。
藍木野さんでは、流行り廃りではなくずっと着続けていただける服を目指して、丁寧に染め上げ織られた伝統の久留米絣の貴重な反物を丁寧な縫製で洋服に仕立てており、とにかくその着心地の良さは定評があります。
伝統柄はもちろんのこと、藍木野さんオリジナルの生地も使って、可愛らしいスタイルのものや使いやすいワンピースやブラウス、ジャケット、スーツなど、春ものを中心に豊富に取り揃えました。
f0214512_19335749.jpg
ウィンドウを飾るのは、藍木野さん定番の「亀甲柄ビッグブラウス」。濃淡の違いで糸を染め分けて織った反物を使った、まさに藍木野さんを代表する素敵なブラウス。やっぱり目を引きます。
f0214512_19412333.jpg
目黒店の1階フロアを使ってディスプレイ。
「松本民芸家具と久留米絣」、この最高の組み合わせで、とても素敵な空間が出来上がっています。
大反響のフォーマルも、もちろんございます。
f0214512_19464231.jpg
そして今回は、古布の久留米絣を使った貴重な逸品もご覧いただけます。

f0214512_19434145.jpg
3月4日までと、長めの会期になっています。ぜひ足をお運びください。お待ちしております。

※なお、2月22日、23日、24日、25日の4日間は藍木野さんのスタッフの方がいらしてくださる予定です。ゆっくりとお話しをしていただきながらお選びいただけます。どうぞお越しください。

by hanamorikagu | 2018-02-20 19:28

家具を選ぶということ。

f0214512_12301458.jpg
40年以上松本民芸家具を愛用されていらっしゃるお客様の声をご紹介します。

家具を選ぶということの大事さを身をもって体験なさって、語られる言葉にとても重みがあり、改めて勉強させていただいております。

「家具というものは毎日それに接していくんだし、一生それと付き合っていうというつもりで買わないといけないと思って。」
「それには釘で止めた家具よりも、機械生産でやった家具よりも、やっぱり手作りでこつこつと拵えたもののほうがいい。100年、200年もつかもしれないし、第一にいくら使っていても毎日それに接していても全然飽きがこない。狂いも来ないし。そしてそれによってこちらの生活が落ち着きを見出すというか、潤いをもたせられるというか。」
「この松本民芸家具というものの存在価値もそこにあるんだと思うし、そして一生これと付き合っていけるというその満足度は、30年経ってもちっとも変わらない。」

(※掲載の写真は、婦人画報2002年6月号より引用しております。)

by hanamorikagu | 2018-02-19 12:24

座り心地良いイスの座面は大変な手間をかけて作られます。

工房風景のひとコマをご紹介します。

松本民芸家具を代表するウインザーチェアの座面の削り工程。
大まかな形に木取りをした板から、荒削り、中削り、そして仕上げ削りという工程で座面を仕上げていきます。

荒削りの段階では、大胆と思えるくらい鉋を素早く走らせて削りこんでいきます。
f0214512_17490200.jpg

みるみるうちに削りは進み、段々と表面が滑らかになってきます。しかし仕上げまでにまだまだ削りが必要です。
f0214512_17490354.jpg

そして最後の仕上げ削りは慎重に、慎重に。
f0214512_17444862.jpg
削り節も薄く、細かいものになってきます。深く削るところ、浅く削るところ、木の固いところ、柔らかいところ、掌で感触を確かめながらゆっくりと仕上げを行なっていきます。

ここまで手をかけるのか、と驚くほど手間をかけて作られているのが松本民芸家具です。座面の彫り込みの深さ、お尻に吸い付くような曲線は、このような手間を惜しまない工程を経て生み出されているのです。



by hanamorikagu | 2018-02-16 17:43

花森家具Facebookページを開設しました

この度、花森家具Facebookページを開設しました。
投稿自体はまだこれからですが、これまでのブログと併せてこちらもどうぞご覧ください。



f0214512_21112523.jpg


by hanamorikagu | 2018-02-13 21:06

田子の月さんの静岡新店

f0214512_12352183.jpg

f0214512_12353639.jpg
静岡市葵区城北に、2月23日オープン予定の田子の月さんの店舗にテーブルとイスを納品させていただきました。
カバ材を使ったテーブルと、やはりカバ材のイス。小さいものだからこそ木目にもこだわって作製しました。赤身と白身のコントラストが特徴のカバ材の美しさを出すことができました。
f0214512_12341403.jpg


by hanamorikagu | 2018-02-10 12:27

太田潤さんのガラス

先月の大雪の中訪れた、福岡・小石原の太田潤さんから、注文していたガラス器が届きました。
f0214512_13452676.jpg
再生ガラスから作られる太田潤さんのガラス。大中小、色も模様もさまざま。手吹きガラスならではの温かみと、ひとつひとつ表情が微妙に異なる個性的なコップたちです。
光を通してできる陰影が美しいです。店内でも窓際に飾ってみようと思います。


by hanamorikagu | 2018-02-08 13:42

日本の手仕事展開催のお知らせ

f0214512_11420741.jpg

毎年ご好評をいただいております、「日本の手仕事展」ですが、本年も開催が決定いたしました。
民藝の視点に立ち、暮らしに寄り添い続けてきた日本の手仕事の数々を全国から集めました。
近年は意欲的な若者たちによる魅力的な手仕事も増え、伝統を大事にしながらも常に進化し続けている産地もあります。ぜひ毎日の暮らしに取り入れていただけたら幸いです。

「日本の手仕事  〜 暮らしの良品〜」
日時:3月9日(金)〜3月18日(日)
※ただし会期中の水曜日は定休日のため、3月14日(水)はお休みとなります。
場所:花森家具 沼津店
品目:陶磁器、ガラス、木工、漆芸、染色、その他


by hanamorikagu | 2018-02-05 11:31

モノトーンの空間にも映えます

白いタイルを貼ったモノトーンの空間に、松本民芸家具のシックな色を置いてみました。
f0214512_17293845.jpg
格好いいですね!
フローリングのお部屋や古民家風の空間とはまた違った雰囲気ですが、存在感を放ちながらしっかりと空間に溶け込んでいます。
クラシカルではありながら和洋折衷の松本民芸家具ならではですね。

by hanamorikagu | 2018-02-04 17:12

ひとの手からひとの手へ

さまざまな道具と熟練の技を駆使して、削り、磨き、組み立てる、人の手から生まれる松本民芸家具。
その行程は、設計段階でも同じです。
松本民芸家具では、すべての図面を設計担当の職人が手で描いていきます。
f0214512_14015901.jpg
長く使われ愛される家具とはどうあるべきかを考え、強度と美しさ、そして実用性を考えながら家具を設計していきます。
f0214512_13434812.jpg
手仕事ならではのやわらかな曲線を図面におこすために、やはり図面を引くのも人の手。
必要最低限の図面から、長年職人から職人へと伝わり使い込まれた型と、長年の勘とを合わせて製品が生み出されてきます。
f0214512_13534572.jpg


by hanamorikagu | 2018-02-02 13:35


松本民芸家具専門店 花森家具の日々の情報をお知らせします


by hanamorikagu

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

花森家具HP

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月

カテゴリ

全体

その他のジャンル

ファン

画像一覧